« アドベンチャータイムのフィン | トップページ | 神戸新聞デジタル事業局内いまもえ制作委員会のいまいち萌えない娘 »

2016/06/21

大垣市の大垣ゆん

久しぶりにご当地キャラペパクラを見つけました。
大垣市内に住む元アニメ作品の3DCGディレクターだった人が企画。いろいろな若手デザイナーの協力を得てこの企画が成り立っているらしい。
大垣市内の町名を登場キャラクターの名前にする企画「大垣きゅん物語」に登場する主役の高校生の女の子です。通算777作目。製作時間40分。難易度B。

1_003

グラフィグです。ダウンロードするPDFは2枚なので、そのまま印刷したら作りやすいが大きくなってしまいます。今回はA4サイズ1枚の半分に1枚ずつ印刷しました。
展開図から丁寧に切り抜き、切れ込みしたので接着剤を使っていません。雑に切ってしまうと絶対に接着剤を使わないと組立て出来なくなります。

今までもいくつかグラフィグのご当地キャラを作ってみたが、テンプレートは無料配布ならば出典明記することで自由に使えるので、各自治体のゆるキャラ担当の方々はゆるキャラでご当地興しを真剣に考えているのならこれを利用してどんどんゆるキャラをグラフィグにして公開するべきだ。そしたら私はせっせと作ってすべてこのブログで紹介したいと思います。

ダウンロードサイトがリンク切れです。
復活サイトからどうぞ。

|

« アドベンチャータイムのフィン | トップページ | 神戸新聞デジタル事業局内いまもえ制作委員会のいまいち萌えない娘 »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57277/63808386

この記事へのトラックバック一覧です: 大垣市の大垣ゆん:

« アドベンチャータイムのフィン | トップページ | 神戸新聞デジタル事業局内いまもえ制作委員会のいまいち萌えない娘 »