« バンクーバー五輪始まる | トップページ | 冬季五輪も2月もあと少し »

2010/02/16

地デジチューナーを使う

先日記事にしたバッファローのDTV-H300。
これは地元の放送向けだ。
近隣の府県からの放送には不向きだった。

でもハイビジョンをあきらめて従来の接続なら
問題なく使用できた。まだKBS京都は画像が
安定しないが我慢すれば視聴できる。

来年アナログ放送が終了した時点で屋根に
昇ってVHFアンテナを撤去して角度を微調整
しようと思う。かなり危険な作業だが・・・・
工事を依頼したら数万円かかるのだ。確かに
命がけな感じなので安いことかもしれないが。

うちの家は3階建て。しかも三角屋根だ。
今まで2回屋根に昇ったが、足がすくんだ。
季節も考慮しないと風が吹いたり猛暑だったり
過酷な作業だ。

もしうまく作業が成功すればハイビジョンが映る
かもしれない。でもそんなことのために危険な
作業を実行するリスクがあるだろうか?
物好きとしかいえない行動だ。

今はオリンピックで結構テレビを視聴する時間
が多いが、普段はパソコンに向かう時間のほう
が長いし・・・無理をしないほうがいいかも。

ちなみにもうひとつのチューナー、DTV-S100は
ブースターを使えば確実に動作するし、安いし、
お勧めです。地域によってはブースターも不要。
かなりコンパクトだし購入するならこれでしょう。
もちろんお金があれば新しいテレビに買い換え
るのが一番いいのですが・・まだ早いと思う。

|

« バンクーバー五輪始まる | トップページ | 冬季五輪も2月もあと少し »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57277/47582439

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジチューナーを使う:

« バンクーバー五輪始まる | トップページ | 冬季五輪も2月もあと少し »